転職

転職が当たり前の会社は強い

今の日本は転職を受け入れられず、転職する者を悪とする会社がまだまだ存在します。その理由は「初めての転職が不安な方へ」にも書いた通りですが、その古い慣習が日本の企業を弱くしていることは明らかです。

クビに出来ない事の弊害

日本では、法律で労働者の権利が守られており、簡単には労働者を解雇することはできません。つまり、労働者は会社にいるだけで仕事をしてもしなくても給料をもらえることになります。このシステムがある限り、会社に身を置くだけが目的のぶら下がり社員がいなくなることはありません。そして、解雇出来ないどころか、転職も悪としているのでぶら下がり社員は会社からいなくなる手段すらないのです。

会社は手段

会社は何かを成し遂げる為の手段であり、居座ることが目的ではありません。働かなくても給料がもらえ、転職もしづらい雰囲気が会社を目的化する一番の理由です。一見、転職をさせない方が会社にメリットがあるように感じますが、実はそうではありません。

逆説的な話になりますが、転職をするのが当たり前の会社は、間違いなく強い会社です。なぜ、転職が当たり前の会社は強い会社と言えるのでしょうか。

まず、転職するのが当たり前の世の中になると、人はその会社でのやりたいことが明確になります。そして会社は、優秀な人材がライバル企業に流れないように、働き方の改革が生まれます。人材が流動的になると各方面からの知識や知恵が集結され、企業は人とともに成長します。そして最終的に、当たり前のように転職出来るのに、転職をする必要が無い会社が出来上がるのです。つまり、転職は悪という考えが、諸悪の根源なのです。転職が多いと、仕事が続かない人間というレッテルを張ることが間違っているのです。

“転職”というカード

転職の後期になると、やっぱり今の会社が良いかもという気持ちが生まれることがあります。それは、転職をするという選択肢を得たからです。

転職をする気が無いときは、会社、上司から嫌われないように上を見て仕事をするので、自分の意見や能力を発揮することが出来ず、モチベーションもあがりません。しかし、転職という選択肢を得た瞬間、どうせ辞めるんだし自分の思ったように動こう、という気持ちが生まれます。そして、自分の考えに沿って行動することが仕事の楽しさであり、やりがいを強く感じる事に気づくのです。当然、それが転職という選択肢が引き金になっていることに気づかない方も多いので、なんとなく最近仕事も楽しくなってきたしこのまま続けても良いかも。という考えになるのです。

考え方1つで環境は変わる

最終的に、転職をするしないの選択は自分次第になりますが、”転職”というカードは常に自分の中に持っておくべきです。そのカードが、今の会社の働き方を変え、より良い環境に持っていける可能性も十分にあるからです。また、それは自分だけではなく、会社にとっても大きなメリットになるわけです。つまり、会社にとっても個人にとっても、常に”転職”というカードを持っていることによって改革は生まれるのです。