転職

信頼できる転職エージェントは面接後にわかる!

転職活動において、転職エージェントを使い企業と接触するのが当たり前の時代。しかし、エージェントの言う事が信じられない、エージェントを信じて入社した会社が超ブラックだった。などという情報が散漫し、なかなか一歩が踏み出せないという方も多いと思います。しかし結論から言うと、転職エージェントは使うべきです。転職エージェントの仕組みを理解して、転職を有利に進めてください!

転職エージェントの重要性

まず、転職を考えたら必ずと言って皆さん同じ行動をします。それは、転職サイトを見るという事です!転職サイトを見てなんとなく良さそうな企業をサーチしますよね。しかし、これだと入り口と出口が逆転してしまいます。本来は、あなたの強みや魅力、マーケットにおいてのバリューを鑑みた上で、最適な企業を探した方が入社したあともうまくいきます。先に企業から選んで、自分がそこに合わせようとしても、例え面接がうまくいき、入社できても必ず苦労します。

転職活動は孤独

転職活動は、孤独な戦いです。自分で面接シートを記入し、転職サイトを通して面接を設定し、一人で企業に赴きます。何度も面接で落とされると心が折れますよね。しかも、面接で落ちても落ちた理由がわかりません。何度も落ちる方はきっと共通した原因があるはずです。

 

転職エージェントのメリット

最初にお伝えした通り、転職エージェントは必ず使うべきです。転職エージェントのメリットは大きく分けて3つです。

仕事の棚卸し

1つは、あなたの仕事歴を客観的に見て強みを見つけてくれるところです。自分では気づいていない強みは誰にでも1つはあるものです。よくあることは、販売業の方が自分にはスキルは何もないと思っていましたが、実際エージェントと一緒に仕事の棚卸をしていると、小さなチームのマネジメント能力と、部下の目標設定、達成ロジックの構成に長けているなど多くの強みを持っていることです。自分では普段のルーティーンとして行っていた為、スキルとの認識が無かったのですが、一歩外に出るとそれは素晴らしいスキルであることはよくあります。

企業との交渉

勘違いしている人が多いのですが、企業と面接者は対等です。企業とあなたは需要と供給で利害関係が一致したので面接しています。面接をしている段階では企業が上、あなたが下というのはありません。しかし、実際は企業に対して給料や労働環境の要求はしづらいですよね。特に自分の第一志望の企業に対しては、なんとなく嫌われたくない一心で希望する給料の要求なんか出来ないですよね・・・。そこで、あなたの代わりに企業に交渉してくれるのが転職エージェントです。転職エージェントはあなたに代わって、給料の交渉から入社日などを交渉してくれます。どれもデリケートな内容なので、エージェントがやってくれるとなると安心ですね。

 

面接のフィードバック

実はこれが一番大切だったりします。企業との面接結果が出たあと、エージェントから面接のフィードバックがあります。例えば、合格だった場合何が良かったか、どこが魅力的だったかなどがフィードバックされます。逆に、不合格だった場合、どこがダメだったか、企業とのアンマッチポイントは何だったのかなどを聞くことが出来ます。これは一人で転職活動をしていると得られない部分なので、今後の転職活動において大きくメリットになる部分だと思います。

 

転職エージェントに使われるな、使え!

少し乱暴な言葉を使えば、転職エージェントはあなたを企業に就職させることが仕事です。それはあなたの為ではなく、登録している企業の為です。なぜなら、転職エージェント会社にお金を払っているのは、登録企業です。もっと言うと、企業に1人就職させた場合、想定年収の約3割程度が転職エージェント会社に支払われます。転職エージェントはあなたという商品を企業に売り込むのが最終目的です。そして、その過程があなたにとって必要な時間になるわけです。これを理解しているだけで、転職エージェントの使い方が変わってくるわけです。

超高評価は危険

企業との面接で、あまりにも高評価なのはちょっと危険です。特に、エージェントのおすすめで受けた面接です。転職エージェントとして、間口の広い企業に転職者を送り込むのが一番手っ取り早いわけですが、間口が広いということは、一般的に離職率が高いという事です。転職活動で疲れた人にとって、高評価をもらうというのは本当にうれしい事です。自分を必要としているならばと、その企業に就職すると全く違う現実が待っています。そうならないために、転職エージェントには必ず、ある質問をしてください。

 

エージェントに必ずするべき質問とは

転職エージェントに必ずするべき質問とは、「自分の懸念点はどこか」です。基本的に企業と100%マッチングすることはありません。企業としては、あなたの成長を込みであなたの事を評価します。会社としてはあなたに足りない部分を公表した方がメリットになるわけです。つまりこの質問に対して、無いと答えるエージェントは避けておいた方が無難です。企業にあなたを送り込むことしか考えていない可能性があります。逆に、本当にあなたの事を思っているエージェントの方は、入社する上での懸念点はどこかまでしっかりフィードバックしてくれます。

また、案件ベースでの良い、悪いではなく、あなたのキャリアにとってどういう価値があるかどうかをフィードバックしてもらえたら、間違いなく信頼できるエージェントです。

 

まとめ

転職エージェントを使っても、最終的に決めるのはあなたです。つまり、この記事の内容を理解いて、転職エージェントを使えば間違いなく失敗はなくなります。転職エージェントに使われるのではなく、メリットだけをしっかり使いましょう。個人で転職活動するより確実に良い結果を残せるはずです!