転職

良い転職エージェントは○○が違います

転職を考えたら、まず1人で悩まないでください。転職する理由はそれぞれですが、今以上に良い環境を求めて転職を思い立ったはずです。それなのに、いざ転職活動が始まると、職が決まらない不安から妥協してしまいがちです。そうならないためにも、必ず転職エージェントに登録してください。そして転職エージェントは必ず2社以上登録してください。その理由をご説明致します。

エージェント会社よりも、エージェントが大事

当たり前の事のようですが、登録するエージェント会社よりも、担当してもらうエージェントの方があなたにとって大切な存在です。エージェント会社はあなたが自由に選ぶことが出来ますが、担当エージェントはそうはいきません。何百人といるエージェントの中から一人があなたの担当となるわけです。その中には、入社してまもないエージェントも混ざっています。転職エージェントというと、いかにも転職のプロのような気がしますが、半数以上は経験の浅いエージェントだと思ってください。

エージェント会社の良し悪しは、案件ベースのみ

大手のエージェント会社のメリットといえば、案件の数でしょう。皆さんも聞いたことあるような大手エージェント会社は、公開求人だけでも何万と抱えています。しかし、大手のエージェント会社は沢山の案件を持っていますので、良い企業に出会えると思いがちですが、そうではありません。言葉を選ばずに言うと、自分の実力以上の企業は、自分には関係ないのです。たとえ、面接をセッティング出来て、合格できたとしても入社後に苦労するのは目に見えてます。もし、自分の実力以上の企業に入社できたとしたら理由は2つです。

1、離職率が高い

離職率が高いと、単純に求人が増えます。しかし、企業が離職率に合わせて、転職エージェントの求人数を増やすととんでもない金額になります。転職エージェントを通じて採用した場合は、企業は想定年収の3割程度の金額をエージェント会社に支払う必要があるからです。それでも、エージェント会社に多くの案件を出せるのは資金力のある大手企業のみです。

2、事業拡大により、一時的に間口を広げている

デジタル化が主流になった際、出版社が書籍をデジタル化する為、大量に中途採用を行いました。このように、新規事業や、事業拡大の際に一時的に採用の間口が広がることがあります。うまくそこにひっかかることが出来たとしても、優秀なライバルの数も多いので結局出世できず、早いうちに頭打ちをくらう可能性が高いです。

良いエージェントの見極め方

先ほど書いたように、エージェント会社は、ほとんど案件ベースでの違いしかありません。(細かいサポートの違いはありますが。)大切なのは、良いエージェントに出会えるかです。もちろん、エージェントにもノルマがあります。とりあえず就職させることを目的にしているならば、離職率の高さを知っていながら、見合っていない大手の紹介をしてくるエージェントもいます。あなたは、就職するのが目的ではなく、新しい会社でバリューを高める、大成させるのが目的だと思います。その手助けをしてくれるエージェントは、本当にあなたのことを思って行動してくれます。その行動が下の4つです。

1、フィードバックがうまい

このフィードバックとは、良いところだけではありません。あなたの懸念点も含めたフィードバックです。完璧な人間などいませんので、仮に面接に合格したとしても、企業としてあなたに1つくらいは懸念点があるはずです。そこをエージェントが企業に確認してくれているのであれば、あなたの就職後まで考えているエージェントです。

2、企業に交渉してくれる

あなたと企業は対等です。しかし、志望する企業に給料の交渉をするのは難しいですよね。そこであなたの代わりに交渉してくれるのがエージェントです。あなたに代わって、企業に年収や回答期限の交渉をしてくれるのがエージェントを使う理由の一つです。

3、粘り強い

あなたの質問に対して粘り強く答えてくれるエージェントは信頼できます。特に、”他に良い案件はないですか”と質問した際に、粘り強く付き合ってくれるかどうかは重要です。エージェントとしては、1人のクライアントが長引くのが一番効率が悪いからです。この質問は必ずぶつけてください。

4、責任者との面接を自由にセッティング出来る

先ほども言ったように、企業は高いお金を払って一人を採用します。つまり、エージェントに回ってくる案件は、現場レベル以上を求めないと企業としては割に合いません。現場レベルは、転職サイトなどで採用した方がコストがかかりません。そういった事情からも、人事責任者、あるいは役員、社長などと自由に面接をセッティング出来る力を持っているのが転職エージェントです。

まとめ

最初に述べた、転職エージェントは2社以上登録してくださいという理由は、この4つの良いエージェントの条件を満たすエージェントと出会える可能性を上げる為です。どんなに名の通ったエージェント会社でも新人エージェントに当たっては思う通りにはいきません。逆に、小さいエージェント会社でも経験豊富なエージェントが担当してくれたら、必ずうまくいきます。エージェント会社に登録してデメリットは一つもないので、是非チャレンジしてみてください。